ホリスティックサロン エストレーラ☆ギアblog

健康の問題に対してホリスティックなアプローチよりボディ、マインド、スピリットを調和へと導き本来の自分力を取り戻す事を目的とした情報発信ブログです。

フラワーセラピーの事例

フラワーセラピーの事例

 睡眠障害

 

91歳の女性の方が自宅で転倒し骨折しました。その後3ヶ月程入院生活をおくります。

手術後のリハビリ期間も終わり自宅の生活へと戻られました。

入院生活では家事や炊事などが出来ないので病院で療養とリハビリがメインの生活をされていました。

そして長期入院が終わり自宅の通常の生活に戻った所、入院の生活と自宅の生活環境のギャップに

順応するのが難しく感じ、再び自宅で身の回りの事を自分で行なう事が困難に感じると

仰っていました。そして徐々に精神的に不安定になり、夜も眠れぬ日が続き、

心配に思い受診した所、医師には睡眠障害と診断されました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここで、メンタルヘルスケアの為にフラワーレメディの療法を試してみたいと
娘様よりご依頼を頂きました。


精神的に不調になった経緯は上記の通りですが、

ご本人にお会いして直接お話を伺うと、ご本人にしか分からない

精神的な苦痛をたくさん抱えていらっしゃいました。





コンサルテーションを行なう 

       〜 傾聴 〜 



ーーー以下対話の内容より ーーー

今迄はこのよのような事は無かったのですが

夜になると悪夢にうなされます、何か怖いものが私の前に現れて自分を暗闇の方へ引っぱり去ろうとするのです。

それはとてつもない恐怖で夜眠る事もままなりません。

度々このような夢をみてあまりの恐怖にもうパニックのような状態になり心の中で助けを求めています。


この様な恐怖からはやく抜け出したいです。

次第に気分の波も激しくなり、自宅の生活に戻ってから根気が無くなり、普段何かしようと思ってもすぐに暗い気持ちに引き戻され無気力な状態になっていきます。

けどこれでは行けないと思い気分が落ち込まない様に必死に戦っています。

毎日そのような状態で他に何も手がつかない状況です。

最近、昔の事は良く思い出したり、覚えているけど、目の前の事は忘れやすくなってきており

自分は認知症になってきたのではないかと思うとその事にも本当に恐怖があります。

最近退院してからは死を考える事もあります。

けどもう一度入院前のように元気な状態に戻りたいとも思います。

周囲の皆様の親切が有り難く思う反面、それに答えられなくなってきた自分に対して本当に情けなく思います。

その周囲の人の親切すら重く感じてしまいます。

しかし後になって自分はなんて事を考えているのかと思い、自分という人間は汚い人間だと強い自己嫌悪になっています。

夜眠れない事は娘にも話していますが、自分がこんな事を思っている事は話していません

こんな事はきっと自分だけで私はおかしいのでしょうか?

こんな話しを本当にご理解頂けるのでしょうか?





お話の内容より必要なフラワーレメディを選ぶ


悩まれておられる方の心の中には沢山の想いが詰まっています。

一つ一つお話いただき丁寧に傾聴させて頂きます。

お話し頂いた情報を元に心の痛みを和らげるレメディを探し回復へ至る道を共に探して行きます。


選らばれたレメディ

・アスペン    

 悪夢にうなされる恐怖に

 プラスの指標
 
 恐怖心や不安感が薄れ、内面の安らぎや安心感をえられます
 いい知れぬ不安が消えて恐れずに新しい経験をしたいという願いが湧いてきます。



・ロックローズ  

 とてつもない恐怖が襲い時にはパニック状態になる事に対して

 プラスの指標
 
 恐怖で凍り付いている人を恐怖から解き放ってくれています。
 



・スイートチェストナット 

 極度の精神的苦痛があるが葛藤し 闘っている

 プラスの指標
 
 深い絶望感と心理的な苦悩が有るとき、精神的に緊急事態の時など激しく変化していく難しい時期を、
 自分を見失ったり挫折したりする事なく乗り切れるように助けてくれます



ウォールナット  

 退院してからの環境の変化に適応が出来ない事に

 プラスの指標
 
 大きな変化が起こる時にはいつも大きなストレスが高まり、従って内面も不安定になるので新しい
 環境に変化するとき適応するのを助けになります。 



ハニーサックル   
 
 死を考える事もあるが、前のような元気な状態に戻りたいと思っている。

プラスの指標

 過去との関係を良い形で存続させ、現在を生きて行くようになる。
 過去の体験から学びとるが、過去にしがみつきはしない。過去の素晴らしい思い出を
 現在の自分の為に持ち続ける。



・クラブアップル  
 強い自己嫌悪感に対して

プラスの指標
 
 寛大になり小さい事で平静さを失わずに適切なものの見方ができるようになる。
 自己嫌悪にならずに、自分の不完全さを受け入れられるようになる 




30mlの大きさのトリートメントボル(スポイト付きの遮光瓶)に上記レメディを
ブレンドしてお渡します。一月程かけて使用(服用)して頂き一月後に経過観察と二回目のコンサルテーションを行い心のケアのプロセスを進めていきます。

不安障害とバッチフラワーレメディの療法

  不安障害とバッチフラワーレメディの療法

 

 

 

 

 不安障害

 

大勢の人の前で話すときや大事な試験のとき、緊張して汗をかいたり、

心臓がドキドキしたりする事は一般的にあたりまえに反応です。

しかし人によっては、特に恥ずかしがりやさんで内気なタイプや

人によっては繊細で敏感な性質の人もいます。

 

でも心配や不安が過度になりすぎて、心のバランスが保てなくなり

日常生活に影響が出ていたらそれは不安障害の可能性も考えられます。

不安障害は、精神的な不安から、こころと体に様々な不快な変化が起きるものです。
ひとくちに不安障害といっても

 

1、パニック障害

2、社会不安障害(社会恐怖)

3、強迫性障害

4、全般性不安障害

 

と様々な不安に関する障害があります。

 

そしてバッチフラワ−レメディでは不安に関する項目だけも

5つのタイプに分類分けされており各症状に応じて

丁寧に不安の心情をケアして行く事ができます。

 

不安障害に関する代表的なものをご紹介しそれぞれの障害別に

一般的によく見られる不安の傾向性や症状別に症状を癒す効果が期待される

フラワーレメディを紹介して行きたいと思います。

下記からあなたの心の症状に該当するレメディを迷わずお選び頂き

フラワーレメディの療法をスムーズに実践しあなたの健康を取り戻す

サポートになる事を目的としています。

 

 

 

1、パニック障害

症状

 

突然理由もなく激しい不安に襲われて、心臓がドキドキする、

めまいがしてふらふらする、呼吸が苦しくなるといった状態となり、

場合によっては死んでしまうのではないかという恐怖を覚えることもあります。

このような発作的な不安や体の異常な反応は「パニック発作」と呼ばれており、

パニック発作がくりかえされる病気をパニック障害と呼んでいます。

パニック発作では、次のような症状が突然表れて、10分以内にピークに達します。

 

動悸がする、心拍数があがる、汗が出る、体が震える、息切れがする、息苦しい、

窒息する感じがする、胸が痛い、胸苦しさがある、吐き気、おなかの苦しさ、

めまい、ふらつき、気が遠くなる感じ現実でない感じ、自分が自分でない感じ、

自分がコントロールできない、変になるかもしれないことへの恐怖、

死ぬことへの恐怖、感覚まひ、うずき、冷たい感覚、あるいは熱い感覚がする

 

 

予期不安

 

パニック障害では、パニック発作になったときの苦しさや怖さから、

「また発作が起きたらどうしよう」と心配になることが多く、これを

「予期不安」といいます。予期不安を感じて、電車や人混みを避ける、

頼れる人がいない状況や一人で出かけることを避ける、

あるいはエレベーターなど逃げられない場所を避けるように

なることがあります。

 

 

 

症状から見るバッチフラワーレメディ

 

,動機や心拍数が上がる、体の震え、息切れなどのをもよおす様な極度の恐れ、

     恐怖、パニックの症状に   

     ロックローズ

 

予期不安、発作が起きたらどうしようという不安感  

    ミムラ

 

理由なき激しい不安に度々教われる      

   アスペン

 

死んでしまうのではないかという恐怖や自分がコントロール出来ない、

    変になるかもしれない事への恐怖    

 

   チェリープラム

 

E パニック障害になるようよう原因としてトラウマ、心の傷が思い当たる場合  

    スターオブベツレヘム

 

 

パニック障害の症例

 

以前同じ職場で働く介護職に従事する40代の女性がある日突然

職場でパニック症の発作になり倒れ込んでしまう事がありました。

 

後で聞いた話しによるとそれ以前も発作の予兆のような不快感は

何度か感じていた事があったようですが

その時は発作で倒れ込んだ後も暫くは動く事が出来ず、

不安と強い恐怖感を訴え震えてしばらくは動く事も出来ない状態でした。

 

そのときは携帯していたレスキューレメディをわたし、落ち着いてから何とか

車で帰宅できたようですが、それ以降しばらくは何時発作がおこり

又倒れてしますのではないかと予期不安におそわれ怯え精神的に

かなりまいっていました。

パニック的症状にはじめに渡したレスキューレメディを飲み続けてもらい

その後は強いパニック的な発作はしだいに和らぎだし、

1週間程で気持ちも落ち着いてきたと報告がありました。

予期不安も出ていたので追加で予期不安いミムラスをブレンド

その後も継続しレメディを飲んでもらいました。

その後2週間程で発作になる事も無くとりあえず気持ちも落ち着きを取り戻し
その後パニック症状は出ていないとの事でした。

 

パニック症状は落ち着きましたがその後激しい怒りの感情が沸き出し

てきた事で違う面で精神的苦悩が続いていた事から

続けてフラワーレメディの療法を数ヶ月間継続して行きました。

 

ここでは主にパニック障害の事例のみとしますが、

レメディの療法ではプロセスの中でタマネギの皮むき現象といい

表面の精神的問題が解決する事でその下に隠されていた問題の核となるような

感情的な問題が表面化される事があります。

 

 

初回に処方したレスキューレメディは日常生活のなかで役たつ事が証明されている

レメディで病院の治療の時や試験や就職の面接など緊張を強いられる場合や、

救急病棟に努めているなどストレスの負担が大きく動揺しがちな場面でも助けになる

緊急時用のブレンドレメディです。


レスキューレメディは以下の5つのレメディがフレンドされており

パニック症状で特に必要とされるようなチェリープラムやロックローズも配合されています


スターオブベツレヘム:トラウマと麻痺した感覚に
ロックローズ    :強い恐怖とパニック状態に
インパチェンス   :苛立ちと緊張感に
チェリープラム   :取り乱すのではないかという恐れに
クレマチス     :意識を失いやすい人や、気絶する前しばしば起こる

           意識が遠のくような時に

 

 

 

病いという観点から社会をみる

病いという観点から社会をみる

 

今、日本の社会ではたくさんの病いが広がり続け

精神疾患者数だけでもは400万人弱と言われており、過去十五年でやく倍にまで

増え続けているとう統計があるようです。

癌や認知症などのその他の疾患と合わせると一体どれほどの方が

病いを患っているのでしょうか?

 

このような状況に対して人生について違う目線で見て考えるべき時に来ている事を

社会の状況が問いかけているように思います。

 

超過労働の問題、教育の問題、貧困、経済格差など実に様々な社会問題が

日々の生活の中で私達にのしかかってきています。

これら政治的問題は自分の生活とは関係がない様に見えても

社会に生きる人々に共有されている全体の問題であり

一人一人の問題でも有ります。

 

 

例えば病いの人々が増え、鬱や精神的な問題を抱える人、

引きこもりになる人、不登校になる人などが

あまりに多くなってきていますがこれは社会問題であり

政治的な問題の要素も含んでいると思います。


これは大きな社会の全体性の歪みの結果であり

象徴的な事象ではないでしょうか。

 

引きこもりで働けない、学校に行けない、働き方があまりにも

搾取的で不条理を強いられているなど

社会の大きな枠組みの歪みが弱い立場の人から広がっている事を

象徴し今やこのような事は何処ででも目にする事ができます。

 

社会はどんどん窮屈になり、自分らしさや個性を発展する事とは逆に

窮屈な型に押し込められる事を強いられ、適応出来ない人は

自分が社会不適合者だと思わされているのではないでしょうか?

 

自信を失い、尊厳を失った結果自分らしさを失い生きる事へのモチベーションを

失っていきます。

 

このようなメンタリティー自体が病いにおかされていっている事を物語っています。

 

 

そしてあらゆる場面で完璧で良いクオリティーを求める事は重要ですが

始めから良いクオリティーを求めるがあまり挑戦する勇気や、自信をもてず

一歩を踏む出す事が難しい社会的風潮があるようにも思います。

 

しかし挑戦し失敗の経験から学ぶプロセスを無くして

 

より良い結果を得る事はできないのではないでしょうか?

 

勿論そのような事は気にせず自由意志を発揮出来る強い人もいますが、

 

多くの人はよくも悪くも周囲の空気を読める、調和を大事にする素晴らしい

日本人的気質が周囲のまずいと思う流れからも一歩先に踏み出す事ができず

足かせになっているように感じます。

 

しかし自分の意見や意思をはっきりと表現する事で新たなポジティブな可能性へと

発展させていく事は実際的に可能なことです。

 

しかしそれは単に相手を傷つけるだけのものとして発信する事では

より良い方向性へはいけません。逆に状況をより困難な方へと押し込めて

しまう事になります。

 

 

本来、自分の望む事に挑戦したり、自分の意志表示をする権利は

誰にでもあります。

 

個人差はありますが平均的な日本人の気質に対しても教育の影響も

あるのではないでしょうか。

 

本来人間力を高める教育がとても重要だと思いますが、

 

個性を伸ばし、人間力を高める教育方針で学校運営をされている所も

 

全国には多々あると思いますがそれでも十分ではないように思います。

 

日本の社会全体でみると現代の一般的な風潮では

残念ながら人の精神的な力を押し込め、自由意志を発揮させる事を妨げるような

方向性の教育現場が多いのではないでしょうか。

 

この教育の問題はとても重要で子供達は将来の日本の方向性の要であると

おもうのですが教育分野にも政治的要素が強く影響し生きた時代の政治的な判断や

流れによって教育自体が左右され、教育の方向性そのものが間違って

しまう事もあります。

 

その結果人生そのものが知らずのうちにコントロールされ、

 

人の人格形成にも影響をもたらします。

 

これはとても危惧する所で

このように何かしらの偏った教育により人格形成に影響を与えられて

成長する事でより限られた範囲でしか物事を考えられないようになり

本当の事が見えなくなっていきます。

 

自己の本心や自分の意思が正しい場合でも周囲の雰囲気や社会的概念を

優先させてしまい結果的におおきな葛藤を生み出し自分の意思を尊重できずに

周囲の雰囲気や社会的概念との狭間で身動きが取れなくなり、

結果大きな精神的苦痛を伴う事になります。

 

その社会的概念自体がメディアや情報によりコントロールされている

場合でも皆がそうだから、社会がそうだからと言って

考える事なく従い続けた結果、待ち受ける現実が悲惨な状態であったら

どうなる事でしょう。

 

現代の政治が主導する社会が良識にかけ、誠実さを失うのであればそれに

従う事で得るもの何も有りません。

 

市民の労力や良心、善意を踏みにじられる事がないように個々の意思表示が

とても大事になって来ると思います。

 

その事が個々の人生を守る事につながり健康を守る事にも繋がります。

 

これほどストレスや病いが社会に蔓延し人々が苦しんでいるのは

天災では無く管理社会の一部の人達によってもたらされた日本の国家運営の

 

結果なのかも知れないからです。

 


何も考えずに社会的風潮に従い、しだいに自分自身を見失い魂を抜かれた様な

 

状態になり送る人生には必ず大きな葛藤と苦しみが待ち受けています。

 

結果、今の日本では自殺者の問題、家庭崩壊、虐待、精神疾患、過労など様々な

問題を抱えていますがこれはもはや病いに伏せる個人の問題だけでは無く社会の

何かがおかしい事を物語るには十分なのではないでしょうか。

 

物質至上主義的で効率や生産性重視のシステムが多くの物質的豊かさを

もたらせてくれた事は事実です。

戦後の何も無い時代からこのように発展をとげ物的豊かさが人々の幸せに

貢献して来た事は事実であり、先人達の努力の結晶であり後に続くより若い世代

の人たちは先人達に感謝しかありません。

 

しかしそれだけでは本当に人が幸せになれないという事実を現代社会が

物語っています。

 

過度に効率や生産性を求め急ぎ過ぎた為に地球環境は壊滅的な状態へと陥り

地球全体が汚染され地球が病んで行けば当然その地球に生きる人々も

病いにおかされていってしまいます。

 

地球環境を守る事や人の心が豊かになり、幸せになる事は同じ方向性に

あります。

 

そしてそのような方向性に進むには物質至上主義や生産性のみ

を求める事だけでは不可能な事だと現代社会が十分すぎる程

証明しているのではないでしょうか。

 

ではここでこのような現代社会に一体何が必要で

時代は何を求めているのでしょうか。

 

 

個人的には人々が正しい心の在り方を取り戻す事が

重要な鍵を握っていると感じています。

 

人が幸せになる為に心豊かに生きる為に、健康な生活を送るために

 

どのような方向性を目指し生きて行くべきかを本当に考える時に来ています。

 

政治など国家運営をする人々や企業家たちが政策や方針を打ち立てる時に

良識をもち、誠実さと善意を忘れずに心が伴う提案をするならば状況は

必ず良い方向へと導かれるはずです。

 

しかし現実は決してそうではありません。当然素晴らしい志を持つ人が

多くいるとは思いますが、経済や政治的な分野になるほど、一部の

力の有る人の利益を優先させるような方針に偏りより多くの人は一部の力を

豊かにする為に使われる様な社会構造が完璧に構築されています。

 

このような社会構造に対して各個人も盲目的に大きな流れに従う事だけではなく

目覚めて行かなければなりません。

 

社会の大きな流れや風潮に盲目的に従い身の心もボロボロになり

心身共に擦り切れ病いに伏せても最終的には全て自己責任です。

 

私達の尊厳や健康を守る事は権利であり、時には自己表現をする事は

生きて行く上でとても大切な事です。

 

自己表現ができず、精神的な力を閉じ込め、フラストレーションをため続ける事で

行き着く所に光は有りません。そのように進み行き着く所は病いの世界なのです。

 

このように病いにも心の状態が大きく関係しています。

この今の時代だからこそもう一度心を取り戻し心の豊かさを発展させる方向

へと舵を切らなければ今後私達の日本社会はさらにますます困難な状況へと

陥り人々はさらに壊れていってしまいます。

 

超過労働の問題、教育の問題、貧困、経済格差、家庭崩壊、鬱などの精神疾患

自殺など沢山の社会的問題がある中でもう一度人生の主導権と魂を取り戻し、

心を開き自分らしく生きて行く権利が皆にある事をあらためて自覚し

健全で健康な社会を取り戻せるよう各人が目覚めて新しい方向性を模索して

いく事が求められているのではないでしょうか。

 

m.youtube.com

 

 

選挙が近づいていますが、選挙は社会に自分の意思表示をする絶好の機会 です。

特に未来がある若い世代程、始めから諦めてしまう事無く

自分の人生を振り返り社会情勢を見渡し自分の意見を選挙にぶつけ自己表現を

をするにはとても良い機会ではないでしょうか。

 

 

鬱からの影響 

 

編集

       鬱からの影響

 

久しぶりのブログ掲載になります。


老人の介護施設の中で重度の鬱をもたれている方と過ごす中で

ケアをする施設の職員やその他の場所でも鬱はうつりますか?

と度々質問を投げかけられる事が有るのでその事について少し

経験をシェアさせてもらいます。

 

鬱を患っている方と過ごした経験がある方は良くご存知かと思います。


僕もパートーナーが鬱の方や家族に鬱の方がおられる方の

 

お話を何度も聞かせて頂いた事がありますし自分の経験からも


鬱などの病いを抱える方との共同生活はご病気の本人と同じく近くにいる方も

 

苦しみを共有する事になります。

 

その結果、周囲の人も次第に病いに冒されて行く事実を何度か

 

目の当たりにした事があります。

 

僕自身も母が精神的に病んでいたので

 

もの心がついた時からそのような環境で育ち結果的に

 

自分の人生にも大きな影響を与えている事を確認する事ができます。

 


鬱などの病いを抱える方との日常生活の中では

 

知らず知らずの内に大変な苦労と苦しみを共有する事になります。

 

その精神的苦痛は蓄積され、いずれ周囲の人にも

 

しだいに影響を与えて行く事になります。

 

その事をふまえて言うならば鬱はうつって行くという事ができます。

 

しかし細菌性の伝染病などのように物理的な形ではないので

 

医学的や科学的には鬱がうつっていくという表現は

 

世の中には受け入れられない事とは思います。


しかし精神的苦痛を伴っている方と生活を共有する中で

 

周囲の人も影響を受ける事実があり、このような

 

環境で居た事が有る人には容易にこの事を実感として

 

知る事ができると思います。

 

 

では精神的に不調に陥っている方と生活を共有する事で

 

病いが周囲に与える影響とは何の事でしょうか?

 

一体何が影響を与えているのでしょうか?

 

 

 

精神的に不調を感じ慢性化し病いにある人は

思考(物事の考え方、マイナス思考)や感情のアンバランス、

にその症状を見る事が出来ます。

 

そしてそのバランスを保てなくなった精神状態、

主に思考パターンは簡単に人に影響を与える事になります。

 

 

例えば親しい友人や影響力のある人、会社の上司や親などと

 

過ごす中でその人の考え方や生き方に感銘をうける事で

 

次第に考え方を学びプラスの影響をうけたり、もしくは話し方などが

似てくるような経験をされた事はないでしょうか?

 

 

このように人と時間を共有する中でそのコミュニケーションを通し

思考パターンや感情的な力の影響を双方共に交換している事に

なります。

 

 

これらのシステムはプラスの可能性を発展し学び合い高め合う事もでき

 

マイナスの面でも影響しあう事になります。

 

 


ここで先ほど話した不調に陥った方と生活の時間を共有する中で周囲に影響を与える力

とは不健康な状態に陥った思考パターン

言う事ができます。


家庭内や仕事上、周囲にいる人のサポートをするような立場に置かれた場合、

病いの影響が及んできてもしっかりとした自分を築いて行く事が求められます。

 

しかしどの人にも弱い部分があり疲れた時にこそ弱点が現れてくるので

ケアをする側の人も一緒に病いに陥ってしまわないように

自身が疲弊してきた時には特に注意が必要になります。

 

 

介護や看護、職場や家庭で状況が許してくれない現実が沢山あり、

時には一時的に待ったなしの状況で困難を伴う状況であっても

あなたまで倒れてしまう事がないように、出来る事ならば

少しでも自分にゆとりを与え、無理をしすぎないように心がけて下さい。


病人のケアやサポートをする役割に居る人たちは、周囲の病いの方と接する事を

 

通して自分自信も見つめケアをして行く事で自分のポジティブな面を発展させる

ことができそのポジティブな力によって自らを守る事が可能です。

 

結果的にケアをする側の人のポジティブな力が先に述べた様な影響力の

 

作用としてポジティブで健康な思考力や健全な感情力が周囲の

 

困難な状況にある人や病にある人に対しての本当のサポートになっていきます。

 

そしてフラワーレメディの療法は自分の心を守るためにとても

有効で効果的な一つの方法です。


 

estrelaguia.hatenadiary.com

.hatena.ne.jp

 

家族の癒し

      家庭の癒しとバッチフラワーレメディ

(バッチフラワーレメディについては↓)

estrelaguia.hatenadiary.com

 

 

家庭内の問題での悩み事は沢山あると思いますが

まずは具体的に以下の事についてお話して行きたいと思います。

 

1、夫婦間の問題

2、育児や子育ての悩み

3、介護や看病などの事

 

 

 これら家庭内の問題はどの家庭でも多かれ少なかれ何かしらの問題を

抱えていたり、難題に直面する時期があると思います。

僕の中では「家庭の問題」は特に重要度が高く人生の軸になる部分だと思っています。

 

家庭内だからこそ自分の本当の一面が表現される事もあります。

特に子供が生まれると育児や子育ての大変さもあり、

女性はホルモンバランスの変化からくる体調の変化や気分の波を

経験する事になります。

 

男性は家族を精神的にもサポートをする事を求められ男性親特有の

悩みなども有ります。

 

夫婦のお互いの育った環境からくる価値観の違いなどから意見が

衝突する事も良く起こり家庭内の不和の原因の一つになります。

 

このような事は家庭生活の中で起こる事のほんの一例ですが、

これらの事を抱え続けて我慢の限界になり体調を崩す事や、

口論が絶えずに幸せの場所になるはずの家庭が戦場になってしまう事もあります。

 

しかし本来は手遅れになる前に、出来る事ならば歩みより幸せで仲睦まじい

生活を送りたいはずではないでしょうか?

 

本当に幸せで健康的な家庭を築く事は時には困難を乗り越え努力をして始めてなしえる部分もあります。

 

 

より幸せで円満な家庭生活を築く為には、夫婦間での協力や忍耐、違う価値観を

認め合う寛容さ、時には自らの行動を振り返り自分のこだわりや価値観を変化させる柔軟さや、思いやりなど先ずは自己に対する様々な変革と挑戦が必要になります。

 

そしてそれらの取り組みはパートナーや家族に対しての愛の取り組みであり、

もし物事が上手く回り出したなら、自分自身の人格の向上と精神的成長がそこには

見られる事になります。

 

上手く行っているときや、幸せを築いている家庭では

相手のやり方やこだわりを認める寛容さなど気持ちのゆとりがみられ、もし思いを伝える場合でも上手な意見交換の方法や意思伝達が出来ているのではないでしょうか。

勿論喧嘩や意思疎通が上手く行かない事もありますがその後のリカバーを上手くする方法をもっていたり、お互いを思いやる気持ちや時には許す気持ちを持てる人、聞く耳をもつ事も家庭が円満になる秘訣だと思います。

 

これらの事を自然と上手く出来れば大抵はよりよいコミュニケーションがとれ円満になっていきます。

 

幸せになる為や幸せを実現している人には幸せ実現スキルが有ると行っても過言ではありません。

 

そのスキルとはポジティブに考え行動するという事です。

 

家庭内でコミュニケーションが上手く出来ない場合や、不和や疑い批判、恨み等

が有る場合、勿論原因がありそうなって行く訳ですが、しかし心を整えて様々な視点で物事を見れるようになれれば穏やかさを取り戻していけます。

実際に自分自身がポジティブになる事で乗り越えて行ける問題が実に沢山あります。

 

※フラワーレメディの療法はゆとりや冷静さを失った心理的状態や、困難な状況でのストレスケアとして使用出来、自分では分かっていても修正出来ないような自分の人格的な弱点や欠点をも本来のその人に備わるポジティブな状態へと修正してくれます。

 

どの人間にも等しく欠点や弱点があり、どの人にも必ず良い面が有ります。

些細な違いに神経質になり争い事を生み出す事が無くなればどれほど安心と平和な気持ちが得られるでしょうか。しかしそのような自分になっていく為には少しづつ自分の在り方を見つめ様々な気持ちを癒して行く必要があります。

 

 

 

では具体的に以下の様な気持ちに対してフラワーレメディで気持ちの癒しを

行なう事ができます。

 

(フラワーレメディについては↓)

estrelaguia.hatenadiary.com

 

 

1、夫婦間の問題

 

・夫婦間の不仲の原因として価値観の違いを受け入れられない。

パートナーに対して不快な気持ちがあり短所を見てイライラしてしまう、

批判的な態度気持ちになる。悪い所ばかり見てしまう。

 

38種類のフラワーレメディより   ビーチ

 

・心が通い合わない淋しさがある。すれ違い、淋しさ、孤独感。

精神的な繋がりが薄くなっている。

コミュニケーションを取りたいが自分の殻に閉じこもり交流が難しい

 

 レメディ        ウォーターバイオレット

 

 ・パートナーに自分の立場や、仕事での忙しさ、家庭への貢献など自分の労力や貢献を

理解して欲しい。大事にされていないという想いがある。優しさが必要と感じる。

自分の家庭への献身に対して密かに見返りを求めている時。こんなに○○してあげているいる事を理解してほしい。

 

レメディ         チコリー

 

・家庭に対してのサポートが欠けている事に対して内心腹立たしい感情や

理解してもらえない事で鬱憤がたまりイライラする。あまり口には出さないが溜め込んだ憤り的感情

 

レメディ         ウィロー 


・不仲の経験や喧嘩などの経験から傷つきトラウマや悲しみが有る時。

 

レメディ         スターオブベツレヘム

 

・猜疑心(疑い)束縛や嫉妬が強い。口論や喧嘩になり強い怒りを持っている人に

レメディ         ホリー

 

・支配的で暴力的傾向が有る。自分の意見や主張を通し支配的、頑固。

レメディ         ヴァイン

 

 その他にも様々な傾向があるとは思いますが

一例として参考にしてみて下さい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

              家族セラピー 

 

家族が幸せである事や家庭が安心出来る場所である事は子供の発育にとって

なによりも必要で大切な要素です。

 

幸せで沢山の愛情を受けて育った人はストレスにも強い傾向があり、

心の発達にとても良い影響が出ます。

 

 

もし家庭に問題を抱えていて家族の為、自分の為に家庭環境をより良くする必要があるのであれば、基本的にはまず始めに自分自身の心を整え癒して行く事が大切になります。

 

それは年齢に関わらず自身の中に残る幼い未熟な心を成長させて行く作業でもあるので1歩づつ大切に取り組んで行く事が前進する秘訣ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

新しい時代を迎えて

       令和

 

平成がいよいよ最後になり、新しい時代が始まろうとしています。

この時代の変化に伴い人の内面にも様々な変化が伴う時期かと思います。

古い価値観や考え方の習慣を手放す変化に直面する事になるかも知れないですし、
今迄自身の内面に蓋をして見ない様にしていた未解決の問題なども

噴出する時期かもしれません。

 

人や人類が新しいステージや時代に変化し新しく何かが創造されて行く為にはどうしても通らないとならないプロセスがあると思います。

 

現時点迄高めてきた様々なシステムや価値観が行き詰まり、さらに進化させる為には時には一度古い価値観を壊す事で新しい価値観やシステムへと移行する事が出来ると思います。

 

そしてこれらの事は他人事ではなく社会全体の問題でもあり個人個人の人生の問題でもあります。

 

これからの時代は自己変革がより問われる時代になり、何かのせい誰かのせいではなく人生で起こる事、社会の政治的な事全て含め個人個人の意識がより進化する、変革して行く事を問われる時代になっていくのではないでしょうか?

 


なのでもしこの変化の時期に体調の問題や又は何かの問題、アクシデントに遭遇していたら違う視点で問題を観察する事が必要になり助けになる事と思います。

 

もし体調の問題やアクシデントに見舞われるときそれは理由なき災難でしょうか?

全ての事に偶然はなく理由無く起こる事はないのだと思います。

 

違う視点で物事を観察する事とは
より内面的に、精神的な事に着目して物事を観察する事だと思います。
自分が様々な物事に対して何を感じているか、どういう気分で生活しているか、自分の内面にもあらためてフォーカスする事が必要になります。

 

そこに今の自分が卒業すべき問題や課題、悩み、が見えてくるかもしれません。
もしくは今迄蓋をして後回しにしていた人生の問題が隠されている事も有ります。

大抵の場合、人はこれらの事にあまりにも無関心に振る舞います。
無自覚の場合もありますし、自覚しながらどうしたら良いか分からない為に

自分に取り組めない場合もあります。

又はこういった自分の内面の問題とは係わり合わない様に常に目を背け続けるような行動を取る人も多いと思います。


しかし決してこれらの事が罪で良くない事として言いたい訳ではありません。

ただどのような人生を歩みたいか今一度自問して決断する事が時には必要な場合も有ると思うのです。

 

貴重な人生の時間を批判的で破壊的な言動や行動で送る事もできます。
又はより幸せや喜びの人生を送る為にポジティブに生きる訓練の場として日々人生を送る事もできます。

 

どのような方向性に人生の舵を切るかは完全なる自由意志であり自己の決断に委ねられています。

 

しかし無自覚で無意識的に時間を過ごすとこれらの事は過去の古い習慣にそって自動的に道を選択してしまっている事になります。

 

その無意識や無自覚の心とは生まれ育った環境や教育、様々な人生の経験から形作られた場合が多く、その環境的要因には良い事も、ネガティブな面も両方含まれているのもです。

 

それらをよりよくして行く事は個人の選択なのです。

そして健康面の問題というのは一度立ち止まって自分を振り返る事を半ば強制的にさせ、身体を通して心にもフォーカスを向ける為の印と受け取る事もできます。

 

この時代の流れの中で今一度自分の内面にフォーカスをするという基本に立ち戻る事が

大事な時だと感じています。

 

自分の本心の声を恐れずに聞く事をしてみる事で自分を深く理解出来た時に

癒しが起こります。 そのとき今迄の心に内在した人生を困難にさせる問題から

開放されて行く事になります。

 

 

 

親と子の関係

親と子の関係
 

40代のシングルマザーの方の

フラワーレメディの事例についてです。



15歳になる娘との関係について
 日々の生活の中で娘に対して感情的になり憎らしく思えたり、許せないような感情が湧いてくる時があります。
 
とても強い怒りに苛まれる時があり自分をコントロール出来ない時も有ります。
 
気が付けば手が出る事もあり、その瞬間は頭が真っ白になり自分でも分からなくなってしまいます。
 
そのような症状を自分でも改善する事が出来ずに自分を無能に思い、自分の娘に対する行いを酷く後悔し、自分の存在が嫌でなりません。
 
母親として上手く愛情の表現が出来ず、色々口うるさくなってしまい、そういった時に娘と衝突がおきてしまいます。
 
しかし自分の根底には自分の意図や気持ちを理解されたい思いや、愛されたい気持ち、受け入れてもらいたい気持ちがあります。
 
子供に対しても愛情の見返りを求めているのかもしれません。
 
育った家庭環境がとても複雑で愛情を受けずに淋しい想いをして育ったのですが今、自分が親の立場になり母と同じ状況を経験しています。
 
親と子の関係についてバッチ博士の言葉です ↓


教育の名の下に親の権力を行使し親が正しいと考える理念を押し付けるバインのタイプや子供の為と思い必要以上に子供の個性を管理し親の考える愛情で支配的になるチコリータイプも上記に当てはまります。

 

いずれも親は子供の為と思い行動する事は変わらないと思うのです。しかし子供に対してどのように愛情を表現したら良いか、どのように教育や躾をし導くか悩む事も沢山あります。そのような時に

 

フラワーレメディのシステムはこういった自己の心のアンバンスを

癒し又どのように自分の力を働かせるか学ぶ事もできます。


知識面から自分の傾向を知りポジティブな状態ではどのような自分になるか学べますし、レメディを飲む事で自らの内側よりバランスを取り戻す事で新しい発見が起こる事が期待できます。




                 ーーーーーーーーーーーーーーーー

選ばれたレメディ


1とても強い怒りに苛まれる事に

 ホリー

 

2自分をコントロール出来ない事に

 チェーリプラム

 

3自分の娘に対する行いを酷く後悔してる事に

 パイン

 
4自分の存在が嫌でなら無い事に
 クラブアップル
 
5自分の根底には自分の意図や気持ちを理解されたい思い や、愛されたい気持ち、受け入れてもらいたい気持ちがあ ります。子供に対しても愛情の見返りを求めている

 

※上記レメディーが選ばれましたが今回はメインテーマになるチコリーについて詳しく紹介したいと思います。

 




チコリー

 

 

チコリ-は母性本能と献身的な愛情に関連しています。

マイナスの状態ではこれらの潜在する性質が否定的な形で強く現れ、利己的なほど自己中心的になる事もあります。

 

チコリ-を必要とする子供はたくさんいます。

親からゆりかごの中の放っておかれた頃

注意をひくために泣いている子供や

 

だんだん大きくなって涙では

どうしてもならないことを知ると新しい

手段を使いへっつらったり、お手伝いをしたり

ときには病気になり注意をひいたり、

注意を引く為にあらゆる努力をします。

 

チコリ-のマイナスの性質はエネルギーを

消耗してしまうほどの否定的な状態を

引き起こすので軽く見過ごせない症状です。

このような状態にある人は他人に多くを期待します。

 

 

典型的な例は子供に目で見えない触手でしがみつき

生きる意志の弱い人間にしてしまうスーパーマザーです。

 

 

この様な人はいつも子供の事が気になり

余計な世話を焼きたがります。

あら探しに余念がなく助言を与え相手の

間違いを正そうとします。

 

押し付けに近いくらい家族に関心をむけ

世話を焼きたがる傾向が強いですが

それが役に立つ場合も多いのです。

 

しかし自分のすることが感謝をもって

受け止められていないと嘆きます。

 

 

独占欲の強い母親の愛情から簡単に

逃れられる子供ばかりではありません。

母親の支配下におかれる場合もあります。

 

子供が親離れする強さを身につけると、

チコリータイプの母親は自分の失望を伝え

あなたの為にあれほどしてあげたのにと

自己憐憫にとらわれて不平をもらす事もあります。

 

チコリ-がマイナス面が極端に強く現れた場合は

周囲の人間の注目と愛情を何が何でも

得ようとしてヒステリーを起こす場合もあります。

 

チコリ-がマイナスに現われている事も奥には充実感の欠除が

あり自分という存在が望まれていないとか

愛されていないという思いを抱いている事があります

 

このような人達は子供の頃の愛情が足りなかったり、

愛された事がないケースも少なくありません。

 

チコリータイプは愛情を持つ事ができても

普通は相手に対して、、、してくれたら

あなたを愛すという形になり

無条件で愛するのではありません。

 

 



プラスの指標

 

チコリ-のタイプの人には本来、

内的強さと人を本当に愛する能力があります。

 

そして内面の準備が出来さえすれば、それらの力を

生き返らせる事ができます。

 

自分の心の中に湧き出す愛情の泉によってしか、

ブラックホールを埋める事はできないのだ

と言う事に気がつかなければなりません。

 

自分の心の声に耳を傾け、自分を捨てて、

他の人々や大いなる全体に身を捧げれば、

心より神聖な愛の泉がわき出し

強いパワーと安心感が内部に

生まれてくるのに気づくでしょう。

 

 

そうすれば他人の愛情を得ようとする

必要はなくなり自然と愛されるようになります。

 

また魂が発する愛の泉は枯れる事がないので、

自分の中の愛が引き寄せる他人の愛情も

消えはしないし、得た愛情を失うのではと

恐れる必要もなくなります。

 

 

バッチ博士はチコリ-がプラスに現われた状態を、

男女とわず全ての人間に潜在する

魂の慈しみ深さを表す普遍的な

母の元型と比較しています。

 

チコリ-のプラスの状態では大いなる

母性のエネルギーをプラスの形で表現し、

枯れることのない豊かな源からエネルギーを得て

無私になり見返りを期待しないようになります。

他人の為につくせるようになり人を守り親切にし

暖かさと安心感をあたえます。

 

 



☆エネルギーが滞ると起こる症状☆

 

エゴイスティックで横暴になり

要求が多くなる。


家族や仲間に関して必要以上に世話をやき

小姑のように口をだす。

 

何かにつけ物事を正そうと口をはさんだり

批判したりすることをたのしんでいる。

他人の為に色々行い親切の押し売りをする。

 

わがまま、条件付きの愛。軽んじられたり、

無視されたり傷つけられたと感じることが多い。

子供の場合、いつも自分に注意をむけてほしがる。

ひとりっきりになるのをいやがる。

 

 

                   ☆チコリ-の服用後に見られる変化☆

 

大きな愛を捧げ献身的に他の人の世話をするようになる。

見返りを期待しないで与えるようになる。

 暖かさを示し、親切になり、思いやりが出てくる。

内面が安定する。